離婚協議書について

 離婚協議書は自分で作れます。でも、不安な方、そんな時間はないという方は、北東(きたひがし)事務所(TEL  06−7504−9722)までご連絡ください。

 それでは、次に離婚協議書の雛形をご紹介します。

           離  婚  協  議  書

 夫・大阪太郎(以下「甲」という。)と妻・大阪花子(以下「乙」という。)は、離婚について協議した結果、次のとおり合意し、確認する。

                  記

 第1 協議離婚の成立について 
 甲と乙は、本日、協議離婚が成立したことを確認する。そして、離婚届に各自が署名押印して、区役所に提出する。

 第2 親権者の指定について 
 甲・乙間の未成年の子である長男健太郎(平成〇〇年〇〇月〇〇日生。以下「丙」という。)の親権者を甲と、監護者を乙と定める。

 第3 丙の養育費について
 甲は乙に対して、丙の養育費として、平成〇〇年〇〇月から丙が22歳に達する日の属する年度の3月31日まで、毎月〇万円を毎月末日限り、丙名義のA銀行B支店の普通預金口座(番号〇〇〇〇〇〇〇)に振込む方法により支払う。
 ただし、振込手数料は甲の負担とする。

 第4 丙の学校教育について
 甲は、丙が大学教育を受けることを保証する。
 ただし、第3の規定のとおり、授業料の支払いは、丙が22歳に達する日の属する年度の3月31日までをめどとする。
 次に、甲は、丙が高等学校及び大学への入学時において、入学金及び授業料をその必要の都度、第3で規定された丙名義の銀行口座へ養育費と共に振込む方法で支払う。

 第5 財産分与について
 甲は、乙に対して、甲所有名義の下記物件目録の不動産を譲渡し、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに、財産分与を原因とする所有権移転登記手続をする。
 また、甲は、乙名義のA銀行B支店の普通預金口座(番号〇〇〇〇〇〇〇)に金300万円を同年同月同日までに振込む方法で支払う。

 第6 慰謝料について
 甲は、乙に慰謝料として、本日、金1〇〇万円を支払った。

 第7 甲・乙間のそれぞれ対する請求権について
 甲と乙は、離婚に伴う財産上の問題については、第5及び第6の規定のとおりすべて解決したことを確認し、今後、他方に何らの請求もしないことを誓約する。

 第8 甲の丙に対する面接交渉について
 乙は、甲が毎月1日は丙と面接交渉をすることを認める。面接交渉の日時、場所、方法等は、丙の福祉を害することがないように、甲と乙が互いに配慮して協議の上で決定する。

 第9 今後の問題について
 今後、いかなる問題が生じたとしても、甲と乙は誠意をもって協議し、円満に解決できるよう努力する。

 物件目録
  (省略)

 上記のとおり合意したので、本書を二通作成し、甲と乙は各自一通を保有する。

 平成〇〇年〇〇月〇〇日

 甲  大阪 太郎    印          
 住所 大阪市北区中ノ島1丁目1番1号
 
 乙  大阪 花子    印              
 住所 大阪市中央区天満橋1丁目1番1号